2007-10

スポンサーリンク
企業・経営・仕事

うざいぞ!バラエティ番組

こころ・スピリチュアル・自己啓発

気功で作るドラゴンボール

草花・季節・旅・自然

逗子の空から届くメッセージ

逗子に住むようになってから、空の写真を撮ることが好きになった。 交互に上り下りを繰り返す太陽と月。 見上げるたび振り向くたび、形状を変える雲の広がり。 時間で塗り変わる紅、水色、濃紺のシルクスクリーン。 ...
スポンサーリンク
ひとりごと

自動車離れとセックスレス

作詞・コピーライト・文章

時の流れと慣用句

カフェの隣席から、眉をひそめた女性たちの会話が聞こえてきた。 「彼女は気の置けない人なのよ」 「そう、滅多なこと言えないわね」 あれれ、間違ってない? 『気の置けない』の意味は「気がねしなくていい、遠慮しなくいい」が正解なのに、「安...
医療・介護・高齢者

がん患者のCMに想う

『がんから逃げないことです。逃げたら何でも怖くなる。』 鳥越俊太郎氏を映したCMが流れるたびに、息を止めて画面に見入ってしまう。 本人とは面識がないのに、その姿を目に焼き付けておかなくてはと躍起になる。 鳥越氏がステージ4のがん患者と...
グルメ・レシピ・食品

明治・昭和の上野グルメ|韻松亭と半兵ヱ

上野の森美術館は「シャガール展」、国立西洋美術館は「ムンク展」、東京文化会館はプラハ国立歌劇場「椿姫」。芸術の秋満載の上野に、私は合いも変わらず食欲の秋を満喫しに行ってきた。 創業明治8年の料亭「韻松亭」。打ち水の玄関から個室のお座敷...
医療・介護・高齢者

独居老人と千円札

行きつけの喫茶店で、居酒屋のカウンターで、寂しい老人たちとよく出会う。 なぜ彼らが寂しいと思うかは、盛り上がっている会話に割り込みたい様子から察するのだ。 失くさないように首から下げた布袋。 中からシワくちゃな「郵便局」の封筒を取り出...
プライベートライフ・生活

都心を離れて知った足元にある幸せ

最近ほんわかと幸せだ。 東京から逗子に越して5ヶ月だが、このところ急速に生活パターンが固まってきた。 サンダル履きで散歩に出れば、古着屋のおばちゃんから「コーヒー入ってるよ」と声がかかり、秋の夜長は町内会仲間から「カラオケに行こうよ...
プライベートライフ・生活

婚姻届より事実婚

企業・経営・仕事

よろしくお願いします・・って何?

ひとりごと

自転車マナーに怒り心頭

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました