2010-08

スポンサーリンク
作詞・コピーライト・文章

それぞれのエバーグリーン

ゴルフの打ちっ放しで一汗かいた後の生ビール。暑い暑いが口癖になった友人が、上気した顔をタオルで拭きながら言った。 「今年は11月まで半袖でいけるよ」 カレンダーはあと1日で秋のページへ。8月から9月に変わった途端、一気に老けたように感じ...
こころ・スピリチュアル・自己啓発

朝焼けの空にバッテンの雲

眠れないままに午前5時。カラスの鳴き声がうるさいので外を見ると、朝焼けの空に、生まれて初めて見る雲が出ている。筆でシュッシュッと描いたようにバッテン印。コンパスを向けてみると、ちょうど東の方角だ。真後ろを向けば、月は西の空に沈もうとしている...
湘南・逗子・鎌倉

感動と笑いの花火療法

逗子海岸花火大会の日記を書くのは、これで4度目。10万人もの観衆の中、たった1人で見る花火でなく、今年も素敵な仲間たちと感動を分かち合えたことを幸せに思っている。 昨日は東京からのお客様をお迎えして、逗子ロータリークラブの納涼会にメイ...
スポンサーリンク
スポーツ

逃げるに逃げられないゴルフ3

企業・経営・仕事

曖昧な政府の口先介入

作詞・コピーライト・文章

社歌・応援歌を作るプロジェクト

夜の山手線。隣に座った男性が持っている団扇に目が留まった。JR東日本の社歌「明け行く空に」の歌詞が印刷されている。試合の応援の帰りだろうか、♪目指す理想は大きな未来 夢語れJR 時代創れJR♪のサビから、社員一丸となった歌声が想像できるよう...
作詞・コピーライト・文章

昔の自分に学ぶ未見の我

古い段ボール箱を整理していたら、端が茶色く変色した楽譜を見つけた。『冷たい雨の中で』というタイトルの横には、Yuriko Odaのサイン。17歳のとき、生まれて初めて書いたスコアだ。Vo(ヴォーカル)の下にはF.G、E.G、Sy、Pi、Dr...
猫・ペット

やどかり猫の新しい住み家

我が家には大小様々の段ボール箱が転がっている。私が片づけ下手なのではなく、愛猫の要求に応えるためだ。宅配便が届くたびにお出迎えに行く与六は、尻尾をゆらゆらさせながら段ボール箱が空くのを待ち、中に入って居心地を確かめる。さらに昨日からは過去最...
スポーツ

逃げるに逃げられないゴルフ2

昨日は猛暑が一息ついた曇り空。クローゼットの隅から発掘したゴルフウェアを着て、葉山国際CCへ出かけた。車で20分の近さだけど、しぶしぶのラウンド。「逃げるに逃げられないゴルフ」に書いた通り、下手のトラウマで何年も遠ざかってきたのに、友人たち...
社会貢献・危機管理・マナー

心が薄ら寒くなる乗客のマナー

湘南・逗子・鎌倉

江の島・片瀬海岸は午後8時まで

良く晴れた昨日は1年ぶりで、友人のライブを聴きに片瀬海岸へ行った。行き慣れた逗子海岸に比べ、江の島近辺にはどんな客層が集まっているのかも興味津々。しかし藤沢から小田急線に乗ったとたん、その興味は悪いほうへ急降下した。 私の前には肌の露...
プライベートライフ・生活

カレーライスと終戦記念日

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました